スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S16使用構築】とんぼるルカゲン【最高最終2105】

前の記事(削除済み)でS16使用構築は書かないと言いましたが来期終盤まともに潜れないと思うのでざっくりと公開します。


ダウンロード (4)


ポケモン名持ち物特性性格・努力値技1技2技3技4
ルカリオメガ正義の心陽気ASインファイトアイアンテールバレットパンチストーンエッジ
ゲンガーメガ浮遊臆病CSシャドーボールヘドロ爆弾道連れ守る
ヒートロトムチョッキ浮遊控えめHCオーバーヒート放電ボルトチェンジめざめるパワー氷
マリルリオボン力持ち意地hAbsじゃれつくアクアジェット叩き落とす腹太鼓
バルジーナゴツメ防塵腕白HBイカサマ蜻蛉返り毒毒羽休め
トリトドンイバン呼び水控えめHbcd熱湯大地の力冷凍ビーム地割れ



【構築経緯】
従来の構築(http://noburenpoke.blog.fc2.com/blog-entry-6.html)では数値が高い物理受けがおらず初手の選出が窮屈になりがちだったので、物理に対しての安定した引き先でかつ蜻蛉返りでエースの降臨ができるバルジーナを採用。
また現環境では再戦による型バレが非常に多いため、型バレしてもなお強いメガゲンガーをルカリオと対となるエースとして採用。
ここまで重いスイクン・ボルトロス・水ロトム・受けループに強く、他にも幅広く戦えるトリトドンを最後に採用した。
残りは従来と変更はなし。


【個別紹介】

lucario-mega.gif

ルカリオ@メガ石

特性:正義の心→適応力
性格:陽気
実数値:145-197(252)-109(4)-x-90-180(252) (メガ後)
技:インファイト/アイアンテール/ストーンエッジ/バレパン

いつものエース。
今回はヒトムが役割集中を受けて過労死した後もHBボルトに勝ち目が高くなれるストーンエッジを採用。
技範囲も広がるので非常に便利な技だったが今期はクレセが大量にいたので強引に突破を狙える剣舞も非常に欲しかった。
しかしこの技構成のルカリオはクレセやガルドのいないガルーラスタンに非常に強いので悩みどころである。


gengar-mega.gif

ゲンガー@メガ石

特性:浮遊→影踏み
性格:臆病
実数値:135-x-101(4)-222(252)-115-200(252)(メガ後)
技:シャドボ/ヘド爆/道連れ/守る

2体目のエース。
とんぼるから出すエースって誰が強い?っていろんな人に聞いたところメガゲンガーと言われたので採用した。
このパーティだと非メガにも見えるのかラッキーが突っ張ってきて即降参をもらったこともあった。
守るはゲッコウガの処理を安定させたかったのと先にメガされたゲンガーにも五分五分以上の勝負ができるので採用した。正直立ち回りが上手い人ならこの技を採用する必要が薄いと思うが自分は扱いが下手だったので守るがあって助かった場面は多かった。
たしかにこのポケモンは強かったが一番欲しかったクレセやガルドがいるパーティに刺していくエースとしての役割は微妙だったのでもう少しこの枠は考える必要がある。
こんなメンツの中、最強格のめがぽけもんに何いってるんでしょうかねえ・・・


rotom-heat.gif

ヒートロトム@突撃チョッキ

特性:浮遊
性格:控えめ
実数値:157(252)-x-127-172(252)-128(4)-99(S個体値16)
技:オバヒ/放電/ボルチェン/めざ氷

いつもの。
ルカリオがエッジを持っていることでボルトが裏にいそうでも多少雑に扱えるようになった。
S個体値を下げたのは良かったが今度は4振りメガカメックスと同速になるという予想外のめんどくさいことが起きたので85族抜かれまでで良かったかもしれない。
クレセが馬鹿みたいに多かったので、チョッキを脱ぎ捨てクレセに勝てるような残飯ヒトムも採用を検討したい。


azumarill.gif

マリルリ@オボンの実

特性:力持ち
性格:意地っ張り
実数値:184(68)-112(252)-110(76)-x-101(4)-84(108)
技:じゃれつく/アクアジェット/叩き落とす/腹太鼓

いつもの。
今までガブリアスを主に一番相手できるポケモンだったがより安定して相手できるバルジーナが入ったので選出率は少し落ちた。
しかしバシャーモやウルガモスのストッパー、腹太鼓による強引な崩しが行えるこのポケモンは間違いなく必須。
選出しなくなったらしなくなったでガブが鉢巻逆鱗を簡単にかましてくるのが面倒になったのでもう少し信頼して選出してもよかったかもしれない。


mandibuzz.gif

バルジーナ@ゴツメ
特性:防塵
性格:腕白
実数値:217(252)-85-172(252)-x-116(4)-100
技:イカサマ/蜻蛉返り/毒毒/羽休め

今回使ったゴツメ枠。
はっきり言ってめちゃくちゃ強かった。
タイプが微妙、ブラッキーの方が強いとよく言われるが私はバルジーナもブラッキーと遜色ない強さだと思う。
格闘が等倍なのでバシャーモもある程度受けれるし、防塵により胞子無効なのでガッサ対策に弱点が多い草枠を入れる必要がなくなる。また、タイプに関してもガブのエッジやガッサの岩石封じも高い数値により普通に受かるのであまり気にならなかった。むしろ地面を透かせるほうにメリットを感じた。Dも高いのでカバルドンなどとは違って両刀による役割破壊を受けにくいのもポイント。そのDの高さは物理受け崩しの代名詞であるサザンにも対面で勝てるほど。
そしてなんといっても蜻蛉返りが打てるのが大きく、ほとんど読まれないので蜻蛉返りからエースにつなぐだけでイージーウィンが出来る場面も多かった。他にも滅びゲンガーでこのポケモンを見ようとしている相手には一匹で詰ませることもあった。
雪崩ガルーラ以外のガルーラに後出しが安定し、ゲンガーにも弱くなく、多くの物理を相手できるこのポケモンが弱い訳がなかった。
ただ、ステロが痛いのでステロが増えたら刺さりは少し悪くなるだろう。


gastrodon.gif

トリトドン@イバンの実
特性:呼び水
性格:控えめ
実数値:215(228)-x-101(100)-141(132)-108(44)-57(4)(S個体値25)
技:熱湯/大地の力/冷凍ビーム/地割れ

本構築の最後に入ってきたポケモン。
上記に書いた相手も見るための枠である。
初めは自己再生持ちの穏やか個体を使っていたのだが、耐久が微妙で自己再生をする暇があまりなかった上に技範囲の広さと火力が欲しくなったため控えめにしてフルアタにした。
本来ならこのようなトリトドンはチョッキを持たせるべきだがヒトムが離してくれなかったのでイバンを持たせてみた。
高火力アタッカーに対してギリギリ耐えるような調整になっているためイバンを発動する機会もそれなりにあり意表がつけたと思う。
このポケモンを見てもスイクンとかがポンポン飛んできて、舐めてる相手には3タテをかますこともしばしばあった。


【結果】
最高最終レート2105です。順位は確認してないので知りません。
正直もう少し潜れば2150くらいならいけたかもしれないですが、2200にのせれるビジョンはありませんでした。


【感想】
最終日前日にパッと思いついて組んだものなので正直完成度はいまいちで正直課題は多いです。
しかし最終日に一気に300レートを上げれたことから、軸とした部分は弱くはなかったと思います。
正直完成度がいまいちなことや改良してまた使う可能性も大きいことから公開しないでおこうと思っていたのですが、来期の終盤に潜れないことや元々型バレしても強い構築を目指していたということから公開しました。
誰かの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。