スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S15使用構築】ルカリオ軸S&C構築【最高2153最終2137/63位】

ダウンロード (3)


どうも、のぶれんです。
S15はTN ProHurricaneとTNおれがみゃすの2ロムで潜っていました。今期は新しいルカリオ軸のサイクルパを考え、ある程度ポテンシャルをあると感じた構築が作れたので今から紹介する構築をメインに潜っていました。結局いつもの構築も使ってましたが


【構築の経緯】

今期はサイクルを回しつつ、要所で起点を作って積んで全抜きを狙うという構築を目指した。しかし、積んでも今の環境ではスカーフガブや猫不意ガルや悪戯おじさんに簡単に止められてしまうことが多かったので、起点を作った後に積むのではなく身代わりを残してアドを取ろうという考え方にシフトさせた。構築名のS&Cはsubstitute&cycleの略である。


【個別紹介】

lucario-mega.gif

ルカリオ@メガ石

特性:正義の心→適応力
性格:陽気
実数値:145-197(252)-109(4)-x-90-180(252) (メガ後)
技:インファイト/アイアンテール/バレパン/身代わり

相棒枠にして本構築のエースその1。
サイクルの中で繰り出してドーンしつつ、後述するヤドランやエルフーンで起点を作った時は身代わりを貼ってそこから全抜きを狙う。身代わりを無償で貼れたら止まらないパーティも多い。
アローやガモスが増えていたので神速が欲しい場面が今期は多かったが、ガルゲン2メガの構築に対してゲンガーを出されてもある程度戦えるようになるバレパンは切れなかったし、汎用性を落とすことになるアイテも切れなかった。身代わりの必要性が薄い構築ではバレパン神速両持ちまでありえる。


gengar.gif

ゲンガー@命の珠

特性:浮遊
性格:臆病
実数値:135-x-81(4)-182(252)-95-178(252)
技:シャドボ/気合玉/身代わり/道連れ

通称アド取の翁。本構築のエースその2。
メガゲンはあまり好みではないのと、ルカリオと同時選出しやすくする、身代わりをはってエースでも運用したい、という理由で珠で採用。素のゲンガーは実はけっこう好みのポケモンだったりする。
有利対面や起点を作ってから身代わりを貼って1:2以上を狙うエースとして使っても、最低限1:1をとるコマとして使っても強い。
一応ガルーラに無理やり後出しもできるし、それに対しての後投げ読みの行動も誘える。


rotom-heat.gif

ヒートロトム@突撃チョッキ

特性:浮遊
性格:控えめ
実数値:157(252)-x-127-172(252)-128(4)-99(S個体値16)
技:オバヒ/放電/ボルチェン/めざ氷

いつものチョッキヒトム。
クッション役として確実にクレセの下からボルチェンしたかったため85族抜かれS個体値26にした個体を最初は使っていたが、バナやメガ前のサーナイトの下を取りたいこともあったので80族抜かれのS個体値16までさらに落とした。このあたりのSの相手には上をとってるか抜かれているかを明確にしなければ行動しにくいのでSを落としたのは正解だと思っている。ただ、バナは両刀のS下降補正もたまにいるので確実に抜かれているかは微妙である。しかし、Sにあまり割いてないメガハッサムは確実に抜いておきたかったのでこれ以上はSを落とせなかった。


slowbro.gif

ヤドラン@ゴツメ

特性:再生力
性格:図太い
実数値:201(244)-x-178(252)-121(4)-101(4)-51(4)
技:波乗り/冷ビ/欠伸/なまける

物理受け兼起点作成要員。
同じ役割が持てるカバとの違いは欠伸の読まれなさと役割破壊の受けにくさと再生力によるサイクル適正。
欠伸持ちとしてボルチェンや蜻蛉が抜群になってしまうのがマイナス点だが、環境にそれらの技を持つポケモン少ないのであまり気になることはなく、むしろあまり警戒されないため欠伸による起点作成や再生力を活かした対面操作がしやすかった。
欠伸は本当に優秀で、腐ることが少なくなり自分が構築を組む際に重くなりがちなバシャバトンに対する回答にもなる。
このポケモンは最速ガルなら捨て身以外の技に対して後出しからでも相手できるので、同速勝負になりがちな初手ルカガル対面での引き先にもなりえる。


whimsicott.gif

エルフーン@残飯

特性:悪戯心
性格:臆病
実数値:145(76)-x-125(156)-98(4)-101(44)-181(228)
技:ムンフォ/アンコ/宿り木/身代わり

起点作成要員兼ハメ要員兼便利屋。
有利対面やヤドランの欠伸から身代わりを貼ってハメたり、起点を作ったりする。
ガモスなど積まれたらヤバイやつに対してはこいつで誤魔化して頑張るしかないが、一応ヒトムと組み合わせると後攻ボルチェンができるので安定して誤魔化しやすい。


excadrill.gif

ドリュウズ@拘りスカーフ

特性:型破り
性格:意地っ張り
実数値:185-205(252)-82(12)-x-85-139(244)
技:地震/アイヘ/岩雪崩/地割れ

ここまでで辛いミトムや受けル、身代わり貫通のフェアリーに対して強いコマとして採用。
催眠ゲンガーが一定数いることを考えると、メガゲンの上をとれるポケモンも一匹欲しかったのでスカーフを持たせた。
割と相手のドリュウズが重い構築なのでドリュウズミラーを考えると準速にしたほうが良いかもしれないが、Bが4振りと12振りではガブの意地逆鱗の乱数がけっこう変わるので12に振っている。Bを20まで振る人もいるようだが、スカーフ準速ミトムを相手することを考えるとこれ以上Sは落とせない。
テンプレならつのドリルのところに地割れを採用しているのは、このパーティで崩しづらいポリ2ブルンのサイクルを無理やり崩すためである。基本的には受けループを崩すための一撃技だが、対純正受けルならグライやムドーが出されることがほとんどないためドリルではなく地割れでも特に問題はないと感じた。しかし、純正でなかったり型バレしていたりすると受けルに浮いたポケモンを出される可能性も普通に考えられるので、ほとんど使わなかったアイヘを切ってドリル地割れ両持ちにさせる選択肢もある。


【結果・感想】

今期は最高2153最終2137で最終順位63位という結果でした。今期はパーティをいつもの構築とこの構築で使いまわしていて、最高レートの時はこの構築ではなかったので少し結果には語弊があるかもしれません。そこはご了承ください。
今期はレートがインフレしていたことや前期の結果を考えるとあまり良い結果ではないと思っています。私自身の実力不足という点ももちろんありますが、この構築にはかなりポテンシャルを感じていたのに結果が出せなかった理由として終盤の環境にこの構築がキツかったという点があげられます。例を挙げるとこの構築で辛いウルガモスなどがかなり増えていたことやヤドランで厚く見れるようにしたバシャが少なかったことなどです。細かい環境の変化をあまり意識しない自分が悪いのですが、こうした環境の逆風がなければもう少し上を目指せた構築だと思っているだけに少し残念ではあります。来期はルカリオ以外の構築も使っていきたいと思っていますが、また環境が変われば改良して使うかもしれません。

ちなみに今回の記事はいつもと言葉遣いを変えたんですがどうだったでしょうか。個人的にはこっちの方が構築記事してるように感じられる一方、ふざけたことを書きにくいのが難点だと思います。

それではこの辺で終わりたいと思います。
ここまで読んでいただいた方、今期対戦していただいた方はありがとうございました。また来期お会いしましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ルカガル対面はガルーラガルド引き安定笑

こんばんは!

自分もルカリオが好きでいつも構築記事を参考にしながらレートに潜ろうとしたらポケモン持ってない事に気が付いてるニコニコの動画勢です!エアプとか言わないで…>_<…

早速こちらの構築拝見させてもらいました!ルカリオいいですね〜

質問なのですが、ヤドランの波乗りはどの辺り意識なのでしょうか?

追加効果で炎症を狙える熱湯と波乗りよりも威力が高いハイドロポンピどの差別化点を教えていただきたいです꒰๑•௰•๑꒱

これからも応援してます!W

Re: ルカガル対面はガルーラガルド引き安定笑

ほびろんさんコメントありがとうございます!
ヤドランの波乗りについてですが急にレジアイスを使いたくなった時に移動できるから採用しています。
それでも数字の大小は分かる人間なので改造でヤドランにハイドロポンプを覚えさせようと114514回ほど思いましたが天下の任天堂様に怒られちゃうのでやめました。

改造してるんすねー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。